臭気判定

  • 臭気判定(ニオイの評価)
  • ニオイ収集
  • ニオイの測定・分析
  • ニオイの原因物質研究・対策成分研究

STEP.1 臭気判定(ニオイの評価)

体臭研究はタフな仕事です。「スパイスのようなニオイ(ワキ臭)」「納豆のようなニオイ(足臭)」・・・など、実際に、人がどのようなニオイを感じ取っているかを判断するのは機械ではなく、人間の嗅覚で行うしかありません。

特別な訓練を受けた研究チームがニオイのプロファイル

「臭気判定士」の国家資格をもつ研究員を中心に特別な訓練を受けた研究員がチームを組み、部位別にニオイを嗅ぎ、そのニオイの特徴をプロファイルします。10代から60歳以上まで、年間約200人の男性のニオイを判定しています。

特別な訓練を受けた研究チームがニオイのプロファイル

いろいろな部位のニオイを直接、鼻で嗅いで測定

研究チームの研究員たちは、被験者である男性のワキや頭、足、体幹部分など、体のいろいろな部位のニオイを直接、鼻で嗅いで測定しており、「ミドル脂臭」の原因物質である「ジアセチル」の特定に至るまでには、7年間で約800人もの男性のニオイを判定しました。

いろいろな部位のニオイを直接、鼻で嗅いで測定

マンダム独自のニオイの指標

評価項目は、治験データからマンダム独自のニオイの指標(13項目)を作成し、測定と評価を行っています。

マンダム独自のニオイの指標

複数の研究員がチームで評価し、精度を高める

一人の被験者に対し、複数の研究員がチームとなってニオイを測定し、その結果を総合的に評価することで、ニオイ判定の精度を高めています。

複数の研究員がチームで評価し、精度を高める

実際の臭気判定士の認定状[国家資格]

実際の臭気判定士の認定状[国家資格]

※クリックで拡大します

STEP2 臭気判定後に、ニオイのサンプルを収集します。