においに関するQ&A

「体臭が気になるのはどうして?」「対策法はないの?」など、
日頃から気になる体臭の原因や予防策について、マンダムがご説明します。

  • ニオイに関するQ&A
  • ママのお悩み パパのニオイに関するQ&A
  • 体臭全体に関するQ&A
  • 汗臭(ワキ臭)に関するQ&A
  • ミドル脂臭に関するQ&A
  • 加齢臭に関するQ&A
  • においのエチケットに関するQ&A

体臭全体に関するQ&A

体臭の原因は?
体臭の原因は、汗と皮脂と皮膚の常在細菌の3つです。汗や皮脂そのものは臭いません。それらを皮膚にいる常在菌が食べてエネルギーを合成(代謝)し増殖します。そのときに汗臭(ワキ臭)やミドル脂臭の原因となるニオイ成分が排出されて臭うのです。また加齢臭の発生メカニズムは、汗臭(ワキ臭)やミドル脂臭とは違い、皮脂が空気中の酸素により酸化されてニオイ成分が発生して臭います。

詳細はこちらから詳細はこちらから

体臭には種類があるの?
体臭とひとことで言っても、さまざまな部位から発生しています。しかも、体の部位によってニオイの種類が違うのです。
ワキで発生する「ワキ臭」、後頭部~首の後ろで発生する「ミドル脂臭」、体幹部・背中で発生する「加齢臭」、足で発生する「足臭」といった種類があります。

詳細はこちらから詳細はこちらから

年代によって体臭は変化するの?
20代で最も強くなる汗臭(ワキ臭)、35~45歳で強さがピークとなるミドル脂臭、50代以降に強くなる加齢臭と、年代によって体臭は変化します。特に40代はこれら3種類全てのニオイが混在し、中でもミドル脂臭が強くなります。

詳細はこちらから詳細はこちらから

体臭を防ぐにはどんな方法があるの?
ミドル脂臭をはじめとして、汗臭(ワキ臭)、加齢臭などのニオイを防ぐには、主に「制汗」「殺菌」「消臭」「代謝抑制」「洗浄」「マスキング」などの方法があります。
制汗   :制汗成分により、ニオイの元となる汗の発生を抑える
殺菌   :汗や皮脂を分解するときにニオイを発生するニオイ菌の増殖を防ぎ、ニオイの発生を抑える
消臭   :消臭成分により、発生してしまった加齢臭や汗臭などのニオイを消臭する
代謝抑制 :ニオイ菌の活動を抑制して汗や皮脂を分解しないようにすることでニオイの発生を防ぐ
洗浄   :ニオイの元となる汗やベタつく余分な皮脂を洗い落とす
マスキング:ニオイ成分を香料でごまかしてわからなくする

詳細はこちらから詳細はこちらから

日本人の体臭は強いか?薄いか?
マンダムでは2007年から体臭研究を開始し、2015年までに約1050人の男性の体臭を研究員が鼻を使って測定する嗅覚測定を行っています。その結果、日本人男性の90%は満員電車など密室空間でにおいを感じるレベルの体臭があるということが分かりました。

汗臭(ワキ臭)に関するQ&A

汗臭(ワキ臭)とは?(原因と特徴)
古くなった角質層と、エクリン汗、アポクリン汗、皮脂が皮膚上で混ざり合い、皮膚上の常在細菌がそれをエサに増殖し、代謝・分解することで汗臭(ワキ臭)は発生します。人により酸型、スパイス型、ミルク型など様々なニオイがあり、20代で最も強く、徐々に減少するのが特徴です。

詳細はこちらから詳細はこちらから

汗臭(ワキ臭)の対策方法は?
汗臭(ワキ臭)が特に臭う場所はワキの下。まずは毎日体を洗って清潔に保つことはもちろん、日中のこまめなケアを心がけましょう。男性のにおいケアに特化したデオドラントボディウォッシュの使用がオススメです。外出先ではデオドラント効果のあるボディペーパーやデオドラントスプレーなどのデオドラント剤を上手に活用してケアできます。

詳細はこちらから詳細はこちらから

ミドル脂臭に関するQ&A

ミドル脂臭とは?(原因と特徴)
皮膚上の常在細菌が皮脂・エクリン汗をエサに増殖し、代謝・分解することで中鎖脂肪酸・ジアセチルが生成され、中鎖脂肪酸とジアセチルのニオイが混ざり合うことでミドル脂臭は発生します。使い古した油のようなニオイで、加齢臭より広がりやすく不快で、40代でニオイの強さのピークを迎える傾向にあります。特に女性の多くが不快に感じるという特徴を持っています。

詳細はこちらから詳細はこちらから

ミドル脂臭の原因成分は?
ミドル脂臭の原因成分は「ジアセチル」。汗に含まれる乳酸が、皮膚上の常在細菌であるブドウ球菌によって代謝・分解されて発生します。使い古した油のようなニオイで、拡散しやすく、口臭や足臭の原因成分よりも少量でニオイを感じる成分です。

詳細はこちらから詳細はこちらから

ミドル脂臭の対策方法は?
ミドル脂臭は、主に頭頂部~後頭部と首の後ろ付近から発生します。対策には、頭皮のアブラを洗い流すだけでなく、ニオイの発生まで抑えるミドル脂臭対策用のデオドラントシャンプーやボディウォッシュで後頭部や首の後ろをしっかり洗うことがおすすめです。

詳細はこちらから詳細はこちらから

ミドル脂臭対策としてのシャンプーの選び方とシャンプー(洗髪)方法のコツは?
「ミドル脂臭」を防ぐためにはシャンプーの選び方とシャンプー(洗髪)方法が重要です。まず、ニオイ成分「ジアセチル」の発生原因となる菌を殺菌し、代謝が抑制される成分が配合された「ミドル脂臭」対策用シャンプーを選ぶことが大切です。また、ミドル男性特有のねっとり頭皮脂をしっかり落とせる洗浄力の高さも選ぶときのポイントにして下さい。
次にシャンプー(洗髪)方法ですが、「ミドル脂臭」が発生する頭頂部から後頭部を念入りにマッサージするように丁寧に洗いましょう。2度洗いがおすすめで、1回のシャンプーにつき約1分半ぐらいかけて洗います。2度洗いが面倒だという方は、1度洗いで少し長めに3分程度かけて丁寧に洗ってください。

詳細はこちらから詳細はこちらから

加齢臭に関するQ&A

加齢臭は何歳から出るのか?
40歳以降に少しずつ出始めますが、本格的に臭うようになるのは50歳以降です。

詳細はこちらから詳細はこちらから

加齢臭とは?(原因と特徴)
加齢により皮脂中の脂肪酸(パルミトレイン酸)が増加します。空気中の酸素により皮膚上の脂質が酸化され、脂肪酸が2-ノネナールに変化し、加齢臭が発生します。枯れ草のようなニオイで、40歳以降に少しずつ出始め、50歳以降に本格化するのが特徴です。

詳細はこちらから詳細はこちらから

加齢臭の原因成分は?
加齢臭の原因成分は「2-ノネナール」。加齢により皮脂中の脂肪酸(パルミトレイン酸)が増加することと、空気中の酸素によってその脂肪酸(パルミトレイン酸)が酸化されることで2-ノネナールに変化し加齢臭が発生します。枯れ草のようなニオイです。

詳細はこちらから詳細はこちらから

加齢臭は耳の後ろから臭うというのは本当?
加齢臭がにおう部位は胸の中央や背中などの体幹部です。加齢臭の原因である2-ノネナールは皮脂由来なので全身から発生しますが、ニオイとして感知するほど多く発生するのは体幹部です。

詳細はこちらから詳細はこちらから

加齢臭の対策方法は?
加齢臭が特に二オう場所は胸の中央や背中などの体幹部です。まずは毎日消臭効果の高いボディシャンプーで体を洗って清潔に保つことはもちろん、体幹部をこまめにボディペーパーなどでふき取ることがオススメです。

詳細はこちらから詳細はこちらから

においのエチケットに関するQ&A

自分ではニオイを感じないが、ニオイケアは必要か?
人間の嗅覚は、いつも同じニオイをかいでいるとそのニオイに親しみすぎて鈍感になっていき、臭わなくなります。そういう状態を「馴化(じゅんか)」といいます。例えば、自分の家のニオイには気づかないが、他人の家のニオイはクサイと感じるというのがこれです。特に30代半ばから40代にかけてピークを迎えるミドル脂臭は、後頭部や首の後ろなどの鼻より後ろの部位で発生するため、他のニオイと比べても自分ではなかなか気づかないやっかいなニオイです。またミドル脂臭は男性よりも女性の方がより敏感に感じているという調査結果があります。自分ではニオイを感じていなくても、ニオイケアはしっかりしておくのが大人のマナーだと思います。

詳細はこちらから詳細はこちらから

スメハラ(スメルハラスメント)とは?
社会において「スメハラ=スメルハラスメント」という概念が広く認知されるようになってきています。体臭や口臭など自分のニオイに対して何も対処をせず、周囲に不快な思いをさせることをいいます。最近では、香水や柔軟剤などの良いニオイでも強すぎると周囲に迷惑をかけることになり、スメルハラスメントの一環と言われるようになってきていますので注意が必要です。

詳細はこちらから詳細はこちらから

スメルマネジメントとは?
通勤中の電車内、会社のオフィスや会議室、営業や商談で訪れた取引先や家族と一緒に住んでいる自宅など、それぞれの生活シーンの中で、まわりの人に体臭で迷惑をかけないように正しい知識を元に自分自身でニオイケアを意識して行い、体臭をマネジメントすることをいいます。

詳細はこちらから詳細はこちらから