• 汗臭(ワキ臭)について
  • ミドル脂臭について
  • 加齢臭について

加齢臭

「加齢臭」の特徴

「加齢臭」は、50代半ば以降から本格的に発生します。皮脂成分が酸化されることで発生します。胸や背中などの体幹部を中心に発生し、枯草のようなニオイが特徴です。

  • 50代半ば以降から本格化
  • 皮脂成分が酸化されて発生
  • 胸や背中などの体幹部を中心に発生
  • 枯草のようなニオイが特徴
イメージ

「加齢臭」の発生メカニズム

イメージ

皮脂腺から皮脂が分泌されます。年齢を重ねるごとに、皮脂に含まれる脂肪酸「パルミトレイン酸」が増加します。

イメージ

空気中の酸素により皮脂が酸化されます。

イメージ

パルミトレイン酸も酸化され、2-ノネナールという成分に変化します。これが「加齢臭」のニオイの成分です。

「加齢臭」の対処法

消臭効果のあるボディシャンプーやボディペーパーで対処
ケアのポイント

体幹部分の皮脂が酸化する前、後の対処をこまめに!

「加齢臭」は皮脂成分が酸化されることで発生します。常在細菌の代謝によって発生するわけではないので、消臭成分の配合された防臭効果のあるボディシャンプーを使ったり、ボディペーパーで皮脂をこまめに拭き取ったりするとよいでしょう。
入浴時には、背中の洗い残しがないように注意することがポイントです。
なかなか洗濯できない冬用の衣類などにはニオイが蓄積しやすいので、衣類用の消臭スプレーを使用するとよいでしょう。

殺菌・代謝抑制とともに、ねっとり頭皮脂ごとしっかり洗浄
  • 消臭成分の配合された防臭効果のある洗浄剤を選ぶ
  • こまめにボディペーパーで皮脂を拭き取る
  • 背中の洗い残しに注意
  • 洗濯できないジャケットなどにニオイが蓄積しないよう衣類用消臭スプレーを使用する
  • 汗臭(ワキ臭)について
  • ミドル脂臭について
  • 加齢臭について